自慢のフローリング

皆様、こんにちは。

GWはいかがお過ごしでしたか?

旅行や家でまったり、買い物や大掃除、BBQなど、やりたいこと出来ましたか~?

旅行好きな私は、初めて宝塚劇場を観てきました。歌やダンスも素晴らしいですし、宝塚と言えば!!の羽を付けた踊りとラインダンスは圧巻でした。最後までこれでもかこれでもかと、魅せてくれるショーは、目が離せなかったです!

 

さて、今日は9年前に建てたお客さまのお家にお邪魔しました。

玄関の扉を開けて、ホールのフローリングがとても綺麗だったので、写真を撮らせていただきました。

フローリングアップ

ワックス要らずのフローリングなのですが、自然な光沢が綺麗ですよね~

このフローリングは、カナダから輸入しているのですが、オーナー様のお家にお邪魔するたびに本当に質が良いと確認することができます。お値段は、日本で手に入るフローリングより高いのですが、美しいだけじゃなく温かみも感じられるので、今でも、エドモントン自慢のフローリングです。

無垢なので床暖房に対応は出来ませんが、オーナー様に冬フローリングは冷たいですか?と尋ねると、必ず冷たくないですよ~と返ってきます。厚みが19ミリと分厚いからでしょうね。

最初はもっと白いかもしれませんが、時間とともに少しだけあめ色になってくるのも、味があります。アンティークの家具のように、もっともっと年代を重ねて深みを帯びてくるとより温かみが増すと思います。