エドモントンの家づくり

なんだかまだ寒くて油断できませんね。

皆様、風邪にはお気をつけくださいませ。

さて、昨日はお世話になっている現場付近の清掃をしました。海沿いのため風が強く、集めたゴミが飛ばされるというハプニングもありましたが、少しだけ近隣のゴミを回収することが出来ました。

DSC06533 DSC06535

さて、お家の中はと言いますと、現在ドライウォール工事が始まったところですね!

 

エドモントン自慢の工法です。ドライウォールとは・・・

塗装仕上げなので、クロスのようにあらを隠すことが出来ませんので、この下地処理の仕上がりが重要ポイントなのです。

また、通常3×6(910㎜×1820㎜)または3×8(910㎜×2420㎜)の石膏ボードを縦に貼っていく事が多いのですが、施工が大変な4×8(1210㎜×2420㎜)という大きなサイズの石膏ボードをあえて使うことで、少しでもクラックの入りやすい継ぎ目を減らすようにしています。

DSC06560 DSC06563

テーピングパテで継ぎ目を止めて、石膏ボードを止めているビスの頭をすべて穴埋めし、継ぎ目の部分にパテを塗っては乾かし、塗っては乾かしを2回繰り返して最後に平たんにパテの凹凸をそぎ落とし、粒を吹き付けます。

この工事に3週間程度かかりますねぇ。

もちろん、ビニルクロス工事よりもお金はかかりますが、卵の殻のような自然な艶感の美しい仕上がりや、継ぎ目のない壁、また上から塗ることが出来るというメンテナンスやリノベーションのしやすさなどあらゆる点でおススメできます。

お家の打ち合わせの際に、どんな色にしようかと選ぶのも楽しみの一つです。

カラーバリエーション