アメリカンドリームの現実

米国では“アメリカンドリーム”と云ったとき、それは持ち家を保有することだそうです。私は大富豪になることだと思っていましたが、随分と身近に感じました。

保有した住宅の価格が年々上昇して行きますから、まさに日本では考えられない“ドリーム”ですね。

経年しても価格が下がらない秘訣は一にデザイン、二にデザインと言われる北米市場。歴史と文化の集積である住宅ならば、一時的な人気とは関係なく長期的視野で資産形成が可能です。

そこで“ジャパンドリーム”! 日本でも家を持つことが大変難しくなっていますね。

そして残念ですが、住宅の長期の資産形成の文化はまだまだ日本では育っていません。

私達は住宅購入者が“ジャパンドリーム”を実現出来ることをお約束しなくてはなりません。そんな住宅産業に“誇り”を持って進んで行きたいですね!

オランダ研修

DSCF6308

昔ヨーロッパの美しい町がそのまま現在に!この家は現在購入すると1億円くらいするのかな・・・?