アーチビームと塗装仕上げ

お部屋とお部屋を仕切る間仕切壁をアーチスタイルに切り取り、通路とその天井からの下がり壁がアーチビーム(梁)です。

長スパンのビームではダイナックな空間が演出出来ます。

ビームは隣のお部屋が吹き向け空間が存在している様な感じを味わえます。

ところが、このビームは下端がカーブを描いていますから
クロス仕上げですと、ビーム天井と垂れ壁の接点が滑らかに収まらない。
エドモントンは壁と壁の接点はR加工と塗装仕上げですから、
とても優しいシルエットを作り上げることが出来ます。

この工法ならトンネルのような通路も可能です。
皆様もいろいろなアイデアでアーチビームを楽しんでください。アーチアーチ2

HOUZZより

 

トンネル

弊社施工例