地下のレコーディングルーム

こんにちは。6月が始まりましたね~!

どんより曇り空なのに、蒸し暑い。。。

これからしばらくこんな天気の日が続くでしょうか。。。

いや、あじさいやホタルをみて、この時期ならではものを楽しみたいですね

 

さて、先週に引き続き、今週もエドモントンのオーナー様の地下室をご紹介します。

20年前に建築したお家のオーナー様のお家です。

地下室は、現在レコーディングルームとして利用されてみえるそうで、オーナー様のこだわりポイントを聞いてきました

地下室2地下室3

ピアノに、ドラム、ギターにボーカルマイク、あらゆる楽器がありましたが、これらが良い音でレコーディング出来るように、色々工夫されてみえるそうです。

 

【こだわりポイントその①】

電気のノイズが少なくなるように、地下室のみ専用ブレーカーを設置。

 

ん??ってなりますよね!普通のコンセントから電源をとると、音がクリーンにならないそうなのです。

当初は、家族のプレイルームとしての利用目的でつくられた地下室だったので、特別に音楽用の設計はしていなかったのですが、こだわりだしたら、ブレーカーまでも変えることになったそうです。

私にも、それぞれの音を聞かせてくださったのですが、確かに、ちょっと音の質が違うかな???そんな気がしました。

 

【こだわりポイントその②】

スタジオの窓は塞ぐ。

収納入れにあった明かり窓は、音が逃げてしまうという事で合板で塞いでありました。

【こだわりポイントその③ 】

吸音材の設置

地下室地下室5

石膏ボードで仕上げられた壁には、合板を2重貼りし、その上に、ピラミッド型の吸音材を貼って、音の反響を防いでいるそうです。

地下室4

吸音材が、お部屋のイメージを変える役割も兼ねていますね!

石膏ボードで囲まれた収納部屋が、オーナー様のDIYで、別空間になっていました。

オーナー様のお話では、まだまだこのお部屋は改良が必要だそうです。

奥が深いですね~

でも、これぐらい音にシビアな方は、地下室が最適かもしれませんね!

20年経っても、変わらない財産ともいえるのではないでしょうか。

 

オーナー様、色々お話を聞かせてくださって、ありがとうございます。

ぜひ、地下室にご興味がある方はお問合せくださいませ~。

 

地下のスタジオ

こんにちは。

今日は快晴でしたね~小学校の運動会も多かったようで。

お出かけには、最高の天気だったかもしれませんね

 

さて、私も今日はテンションが上がってしまいました!!

どうしてかといいますと。。。

8年前に地下室を造られたオーナー様のお家に伺ったのですが、直接地下室へとつながる扉を開けると、

DSC09223

いきなりハーレーが出迎えてくれて、

DSC09206

奥のお部屋が、

DSC09215DSC09219 DSC09230

とにかくかっこ良かったのです!!ポスターや楽器のディスプレイ、アンプにスピーカーに、まさに、音楽のスタジオ!!

地下のスタジオということで、噂を聞きつけた、お友達のお友達も集まって来られるそうですよ~。こちらでは、皆さんでセッションをされることもあるとお聞きしたので、なんと、オーナー様に生演奏してもらい、音のボリュームを計測させていただきました~

 

ドラムを叩いて頂き、85~100dBする地下室から

音測器

外に出てみました。数値は40~55dB

外部

音の大きさの目安でいうと、

85~100dBが、カラオケ店~電車が通るときのガード下くらいの大きさ

40~55dBが、室外機の大きさ

だそうです。

自分の耳で確認しても、まったく聞こえないわけではないですが、かなり遮音出来ていると思いました。楽器の演奏をされる方は、地下室はおススメです。吸音パネルなどを利用して、音響にこだわるのも良いですよね!!

かっこいい地下室を見せて頂いたうえに、生演奏までも披露してくださったオーナー様に本当に感謝しております。

ありがとうございました

見学会のおしらせ

こんにちは~

暑いですね~夏本場が来るのがこわくなっちゃいますね!!

 

さて、エドモントン輸入住宅では、オーナー様のお家を見学させて頂く

『家、見せてもらってイイですか? Vol.2』を開催します。

開催は、6月10日(土)13時~15時です。

新築して10年以上経っていますが、まだまだ変化し続けています。

最近、屋根裏もリフォームされました

DIY上手なオーナー様のお家なので、ぜひご興味がある方はご参加くださいませ。

家、見せてもらってイイですか? Vol.2

 

新築工事も着々と進んでいま~す!!

リビングの一部をご紹介します。

現場写真

平屋のお家ですが、屋根の勾配を利用して天井を高くとっているので、ダイナミックな空間になっています。またこちらに取り付けた大きなピクチャーウィンドー。素敵ですよ~裏に広がった心休まる風景を眺めることが出来るようになっています。外国のお家でも、資産価値を上げるポイントの一つになるでしょうね。

こちらは、7月に見学会を予定しておりますので、またよろしくお願いいたします。

❝掃き出し窓❞って?

“掃き出し窓”とは、床面からレールに沿ってスライドする 

大きなガラス戸のサッシの名称です。 

昔はそこから、外に「ほうき」でゴミを「掃き出し」

いたことから、ついた呼び名と想像しています。 

でも、今ではそんなことしませんから出入り口専用となりました。 

設置にあたって気を付けたいことは、ソファーなどを置く場合 

腰壁がないので、掃き出し窓の前には置きにくくなります。 

とりわけ狭いリビングなどでは、腰壁の必要性は増すばかりです。 

実は私も失敗した一人です。 

今では、掃き出し窓の前に大きなソファーが置かれてしまい、 

出入りは出来なくなりました!情けない・・・。

リビング掃き出し

施工例アップしました!

こんにちは。GWはいかがお過ごしでしたか~?

天気が良かったので、レジャーを楽しんだ方も多いのでは??

昼間と朝方の気温差が大きく、風邪が流行っているようなので、たっぷり睡眠をとって体を休ませてあげてくださいね~

さて、4月に見学会を行ったお家の施工例をアップしました。

お時間ある時にCHECKしてみてくださいね!

安城市 K様邸 施工例

1494240014512

津島の藤の花

住宅投資というワード

欧米では住宅を購入することは「住宅投資」と言われます。 

そしてリモデリングすることも、同じ意味を持ちます。 

経済で言う“投資”とは、それを清算すると利益が増えるとか 

減るとかの手段を示します。 

ことに日本では住宅を買っても、それを売るときには減額が常識です。 

だから、“住宅投資”と言うワードも無いし、その概念も無い! 

その点、欧米では年月が経過すれば物価上昇分と 

都市成長分が利益となるから「住宅投資」が理解出来ます。 

ここで言う都市成長とは良い先生のいる病院や学校、街路樹の成長、 

住民レベルの向上と安定・安全など総合的成長だそうです。 

 

私達のエドモントンの家も、経年とともに、

深みを増す家だと宣言しています!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよ

いよいよあさっては完成見学会です。

お施主様、エドモントンスタッフ、職人さんとつくりあげた愛情たっぷりのお家をご紹介します!!

後日、完成写真をHPにアップしますので、ご都合が合わなかったお客様は、

ぜひCHECKしてみてくださいね~。

IMG_1149DSC08944DSC08946

近所の桜

雨ですね。お花見は来週末あたりがベストですかね~

事務所近くのみどり川には、さくら祭りの提灯が付きました。

この川沿いの桜並木は見ごたえがあるので、

満開の時は少しだけ散歩しに来ています。

 

昨日は、そんな川廻りのクリーン活動を行いました。

清掃

早く咲いた花を発見!!

桜

あっ提灯も発見!!

提灯

あっ桜の木も!?

 

テンションが上がってしまうクリーン活動でした。

 

 

外構の石積

こんにちは~桜の開花が待ち遠しい今日この頃です。

さて、本日発売の雑誌『所ジョージの世田谷ベース Vol.34』に、エドモントン輸入住宅が掲載されています。書店で見つけた方はぜひ探してみてくださいね~。ピンクのページが目印です!

あ、車やバイク、所さんのライフワークに興味のある方は、ご購入くださいませ~。

世田谷ベース

 

報告です。4月22日、23日に安城市で完成見学会を行います!

先日外構に取り掛かりまして、ただいま土留めの石積み工事の真っ最中です。

1

石は大きさも形もバラバラなので、出っ張っているところをハンマーで叩き割り、形を整えてから積んでいきます。

2

接する部分をなるべく平らにすることで、石の密着度を高めているそうです。

3

動かないのかな?と積みあがった1番上にある、左右挟まれた石を揺らそうとしましたが、ピクリともしませんでした。1つ1つ丁寧に積み上げているからこそだと思います。

4

ガーデン国イギリスで石積みを学んだ職人さんにお任せしましたので、完成が楽しみです~。

シンメトリーの安定感

最近の住宅誌の外観や内観はシャープの線の交差に

魅力を見出しているようです。 

例えば窓の配置は壁のどちらかに寄せる、 

屋根形状は片流れが主流になって来ています。 

インパクトと洗練されたスピード感をもたらしてくれます。

ところでシンメトリーとは左右対称のことです。

前述とは正反対の配置や形状を採用します。

このシーンは、見る人に精神的にとても

安定感を得ることが出来ます。 

一日の疲れをほぐしてくれるのも安定感漂う空間です。

今日はシンメトリーな人に会えましたと

いうキザなセリフがありますが、 

信頼出来て、安心感をもたらしてもらえる人物のことです。

図2 図3 図4 図5 図6

HOUZZより