ROOTS

エドモントンのコンセプト


アメリカ映画や、ホームドラマを見ていて、風景にとてもマッチした愛らしい建物に、惹かれてしまったことはありませんか? その多くは、決して新しい建物ではなく、何十年~百年近く築年数が経っている家です。
私たちは初めて北米カナダの住宅街を訪問したとき、
古くなっても愛らしくみえる住宅づくりにとても感銘を受けました。
そして、住まう人の心が豊かになるような家づくりを目指していくことを決心しました。
そのときの感動を胸に、海外の住宅設計思想を学び、末永くお客様に愛され続ける住宅を建てたい気持ちは今も変わりません。

永く愛される家…デザイン・間取り

日本の住宅寿命が25年といわれるのに対し、欧米では50年~80年、あるいは100年を経過した家がより高価な値がつくという事もあるそうです。その秘密は美しいシルエット、デザインにあります。
美しい物を残したいと思う気持ちはみんな同じではないでしょうか。
エドモントンは、シンプルで美しく、時代の変化にも色褪せない外観づくりにこだわりをもっております。
でも逆に内観は、そこに暮らすお施主様の好みを最大限に大切にし、ストレスのない動線とライフスタイルに合わせた間取り、海外のお家に見られるような空間の演出をご提案します。それが永く愛される家づくりの秘訣だと考えています。

住環境の良さにもこだわった…性能

北米では、「エネルギー効率の良い家づくり」をすることを早くから注目し、気密断熱の高い住まいを造ってきました。私たちもそれに習い、当初より断熱材や換気システム、窓などすべて性能の高いものを採用しております。また、なるべくメンテナンスの手間がかからない材料や、実績から判断した良いものだけを厳選し、使用しております。

無理・無駄を徹底的に排除した…コスト

エドモントンは、発注を他社さんに丸投げすることは致しません。
工程ごとに職人さんの手配をし、材料は弊社で数量をひろい発注します(=材工分離発注型)。
また、輸入資材は、中間マージンがかからないような仕入れルートを確保し、高品質で低価格な資材供給を可能にしています。 お客様の購入される家に無駄な経費が乗らないよう、今後も努力してまいります。