•  

海外視察 モントリオール

モントリオール

モントリオール

 
エドモントン住宅事業部のメンバーで、カナダのモントリオールに行って参りました。

トランブラン(Tremblant)

トランブランは、モントリオール中心地から、車で2時間弱で来られる所にあり、ウインタースポーツや観光などを目的として開発されたリゾート地域です。
山の傾斜に沿ってコンドミニアムやセカンドハウスなどの別荘が建っていました。
スキーロッジのような雰囲気漂う色鮮やかなコンドミニアム形式のお家がたくさんありました。
オフシーズンの利用しない時期には、他の人に貸出しているそうで、夏には近くのゴルフ場を利用する人たちの宿泊場としても利用され、効率的にお家の管理・運営をしているそうです。
今回その貸し出しているコンドミニアムに宿泊体験することが出来ました。

宿泊体験

宿泊したコンドミニアムの外観です。
山小屋のようなかわいらしい雰囲気のお家でした。

1階の間取は、このようになっていました。
リビング・ダイニングも広すぎず、現実的な大きさで、これならみなさんのお家にも採用していただけるなぁ、と思えるアイディアがたくさん詰まったお家でした。

トランブランの街づくり(Tremblant)

宿泊したコンドミニアムの周辺地域を開発した
ディベロッパーの開発担当者さんのお話を聞くことが出来ました。

開発前はこの上の模型のような、ごくごく普通の山だったところを、ケベック市とディベロッパーが協力をして2000年頃から開発を始めて行ったそうです。
開発の基本コンセプトとしては、訪れた人がいかに楽しめるかを追求し計画されたそうです。
自然のもつ魅力プラス、スキー場やゴルフ場、カジノなどのレジャー施設や、人工湖や滝などを創り出し、訪れる人の心を躍らせるような魅力が詰め込まれた計画となっています。
現在、山の麓にショップやレストランがあるタウンエリアは、もともと写真のような集落だったところだそうです。当時民家だったお家をお店として使うことで、当時の雰囲気を残すことを心がけたそうです。

当時のメインストリート沿いには、色とりどりのお店が建ち並び私たちを、楽しくさせてくれます。
当時の集会所だったところだそうです。今では、観光客の案内所として利用されています。
当時の家をそのままに、今では、アイスクリーム屋さんに。
 

コムディ(Chomedey)

2007年頃に開発された、まだ新しい住宅地です。
また、街の価値を向上するためこの街にお家を建てる際は、
お家の正面には必ずレンガや石を使わなければいけないそうです。
正面は石を使っていますが、建物のコストを抑えるため横側はサイディングを使うそうです。

 
今回の旅行で運転手をして頂いた方のお家がこの住宅地内にあるということで、中を見学させて頂くことが出来ました。地下付きの2階建てのお家で、正面にはやはり石を使っていて、重厚感あふれるお家でした。
リビングは、1階より1m位高いフロアになっていて、ここでお子さんが遊んだりしている様子でした。地下室の塗装や床のタイル張りはDIYしたそうです。
 

サント=ローズ(Sainte-Rose)

モントリオール西部に位置し、市内から車で30分位にある高級住宅地です。
見学している私たちも、お城のようなお家に興奮し歓声が上がってしまうほどの立派なお家がづらりと立ち並んでいました。

サンローラン(Saint-Laurent)

2012現在、まさに街をつくっている新興住宅地で、
車の駐車スペースは地下に造ってしまうほど、街並みの美しさにこだわった住宅地です。赤系のレンガで統一されたお家はヨーロッパの雰囲気が漂う素敵な街並みでした。
オープンハウスをしていたので、お家の中も見ることが出来ました。
洗練されたインテリアで統一し、リビングには暖炉もある、とてもオシャレな空間でした。
 

ポワント=クレール(Pointe-Claire)

川沿いに古くからある住宅地で、モントリオール市内のすべての住宅形態がある住宅地域です。
レジデント、セミドタッチ、アパートなど様々な住宅形態のお家に、いろいろな世代の人たちが生活をしているそうです。
お家に使っている外壁もサイデキング、レンガ、石と、バリエーションに富んでいて、いろいろな形のお家があり、見ていて飽きない街並みがありました。
 
 
最新記事

[%title%]

[%category%]
[%new:New%]

[%lead%]